BBA LIFE

人生に疲れたおばさんが、人生を変えるべく奮闘します。(現在進行形)

ドラミ、避妊手術をする(前編)

ついにお正月休みも終わり、仕事が始まってしまいましたね(T_T)

でも、3連休を今満喫しています。(2日終わっちゃったけど!)

 

手術前日1/6(月)

ついにドラミちゃんの手術の予約を入れました。

「もしかしたら発情期始まっちゃったかも・・・」と伝えると、

「明日手術しましょう」ということに。

なんかネットでは「発情期中には手術しない」と書いてあったけど大丈夫か?

 

その日の0時以降は絶食とのことだったので、私は0時まで頑張って起きて(普段は早いと22時くらいに寝る)ギリギリで食べさせてから寝ました。

「水」のこと聞くの忘れてたのでネットで調べると、水は朝6時以降はダメとの記載が多かったので、朝は5時半に起きて手術前最後の水を飲ませました。

 

手術当日1/7(火)

その日・・・多分ドラミちゃんは私の様子がおかしいと感じてたんでしょうね。

逃げる逃げる!

どうにか洗濯ネットに入れて、洗濯ネット内で暴れるのを無理やりキャリーに入れて、

病院へ連れて行きました。

 

連れて行ったらすぐ先生が抱っこして奥の病室?へ。

いろんな犬猫が個室に入っているのが見えました。

先生に抱っこされて連れていかれるとき、「ミャー!!!」と悲しそうに鳴いてるのが聞こえて、

(本当に手術することにして良かったんだろうか?)という気持ちになりましたが、

ここまできたらやるしかない!

 

会社は事前に届けを出して遅刻していきました。

うちの会社は休みとか遅刻は届けさえ出せばかなり融通がきくので、ありがたいです。

 

夕方、仕事が終わってすぐに迎えに行きました。

手術は何事もなく終わったとのことでホッと一安心。

ただ、先生に洗濯ネットごと抱っこされて出てきたドラミちゃん、超激怒してる!!

こんなドラちゃん見たことない!!

鳴き声は「ギャー!!」だし、洗濯ネットの中で大暴れしていました。

どうやら麻酔の時も嫌がって暴れて大変だったみたい。

先生も「この子はちょっとキツめの性格なのかな?」と困っていました^_^;

相当手術が怖かったんでしょうね。

そりゃそうだ。私だって手術怖いもん。

 

帰りの車の中でも痛いのかずっと鳴き続けていて、本当に可哀想でした。

この時「手術しないほうが良かったのかも」と本気で思いました。

 

家に帰ったら美味しいご飯をあげようと、大好きなおやつ「ちゅるびー」5粒と、猫用ミルク、ウェットフードをあげたらものすごい勢いでまず猫用ミルクをがぶ飲み。

ご飯もおやつもガツガツ食べてました。

が!

これ、間違いです!!術後にいきなり沢山食べさせてはダメなんです!

先生からは特に何も言われなかったけど、ネットで後で知りました。

まあ、ドラミちゃんは大丈夫でしたが・・・

(その2日後に少し吐いたこととの因果関係は不明)

 

そして、キャットタワーの頂上に上がろうとしましたが、調子が戻っておらず失敗。

あまり無理させたら傷口が開きそうなので、しばらくタワーは倒して1段の状態にしておくことにしました。

 

後編へ続く

 

 避妊手術当日は可哀想で写真撮るどころじゃなかったので、

これは手術前のもの。私の服の上で寝るのも好きです。(シワになる!)

f:id:bucchi2017:20200112223602j:plain